あらしまともき 

あらしまともき

あらしまともき 

4.92 コメント  (  167)

平日  22,000

土日祝  26,400

最終アクティブ:6時間以内
あらしまともき作品 その1
  • あらしまともき作品 その1
  • あらしまともき作品 その2
  • あらしまともき作品 その3
  • あらしまともき作品 その4
  • あらしまともき作品 その5
  • あらしまともき作品 その6
  • あらしまともき作品 その7
  • あらしまともき作品 その8
  • あらしまともき作品 その9
  • あらしまともき作品 その10
  • あらしまともき作品 その11
  • あらしまともき作品 その12
  • あらしまともき作品 その13
  • あらしまともき作品 その14
  • あらしまともき作品 その15
  • あらしまともき作品 その16
  • あらしまともき作品 その17
  • あらしまともき作品 その18
  • あらしまともき作品 その19
  • あらしまともき作品 その20
  • あらしまともき作品 その21
  • あらしまともき作品 その22
  • あらしまともき作品 その23
  • あらしまともき作品 その24
  • あらしまともき作品 その25
  • あらしまともき作品 その26
  • あらしまともき作品 その27
  • あらしまともき作品 その28
  • あらしまともき作品 その29
  • あらしまともき作品 その30

メッセージ

🌟スケジュール表について🌟

撮影場所によって
撮影可能か否かが変わってきます為、
正確なスケジュール表の管理が難しくなります。

その為、

スケジュール表での管理・反映はせず、
ご予約リクエスト前にご希望日程の確認の
メッセージを頂けますと幸いです。




🌟たくさんの写真を公開しています🌟
https://cafeverrine.work/camera/99-2/

※天気や撮影場所によって、
写真のテイストは大きく変わります。

ここに掲載している30枚の写真だけでは伝えきれない
たくさんの写真を確認頂いてからご判断下さい。



🌟納品枚数100枚以上🌟

1時間の中で約300枚ほどの写真を撮ります。
その中から目つむりやピンボケなどを除き、
約100枚以上の納品。

それらすべてを肌修正、
明るさ修正をしてから
納品させて頂きます。



🌟納期は7日以内🌟



🌟雨天時の日程変更🌟

撮影日当日の朝7時半までに
ご連絡頂けましたらご対応させて頂きます。

※その際、追加料金などはかかりません。




🌟お役に立てること🌟

🌳明るく背景ボケした「ふわっ」とした撮影
🌳子供と仲良く撮影すること
🌳自然体の表情を素敵に撮ること
🌳ゆるい雰囲気の中で、頑張らない撮影




🌟お役に立てないこと🌟

🌳写真にこだわりのある方
🌳ポージング指示をしての撮影
🌳かしこまった撮影
🌳ご自宅撮影
🌳お任せ撮影
※一緒に考えて進めることが大事だからです。

🌳集合写真などの撮影時、
面白いことを言って笑わせること

🌳自然な笑顔を引き出してほしい方
※僕自身が笑顔を引き出すというよりも、
家族のふれあいの中で自然に出た笑顔を
お撮りしているからです。

結果的に僕が笑顔を
引き出している場面もたくさんありますが、
最初からそこに期待される方のお役には
立てないかもしれません。

🌳子供に厳しい方
※親も子供も楽しい時間にして頂きたいからです。

🌳理想の高い方
※写真映えやおしゃれを目的とした
撮影ではないからです。

🌳常に指示を求める方
※「撮影」というよりも「参拝しに来た」
という中での自然な様子に
シャッターを押しているからです。

所々ではご指示やご提案もさせて頂きます。

🌳子供だけを撮ってほしい!というご要望
 ※家族みんなが主役の写真を撮っているからです。


🌳草履を履かせることにこだわりのある方
※境内を回りながら、シャボン玉をして
追いかけているところを撮ったりする中で、
草履ですと子供は指が痛くて
不機嫌になってしまうからです。




🌟撮影中のマスクについて🌟

撮影中はマスクを外して頂ける方に
限らせて頂いております。

たまに、子供だけマスクを外して、
大人はマスクをしているという
ご家族がいらっしゃいます。

でも僕はそんな光景を見て、
なんか悲しくなってしまう。

家族みんなのありのままの姿を
撮りたいと思っているからです。




🌟七五三撮影で得意な神社🌟

・川原神社
※境内には池に亀がいたり、牛の像がいたり、
子供が興味を持って自然と笑顔になれる神社。

子供の楽しそうな表情の写真が撮れます。





🌟七五三撮影で不得意な神社🌟

・塩竈神社
※こじんまりした神社で、
七五三シーズン中は平日でもかなり混雑いたします。

その為、背景の人の写りこみなどは避けられず、
撮影が難しくなってしまい苦手です(^^;

また普段、カメラを気にせず
境内を歩いている自然なシーンなども
お撮りさせて頂くのですが、

境内が狭く人も多いために、
どうしても自然体よりも「ハイポーズ」のような
かしこまった写真になりがちです。





🌟お問合せについて🌟

撮影場所やお時間などで
ご対応できるか否かが変わってきます為、

スケジュール表の管理、反映を
することができなくなっております。




ご予約を頂ける前に
下記内容をお問合せ頂けますと幸いです。



🌟正直なお話🌟

僕自身、価値観、写真の目的が同じ方だけの
お役に立ちたいと思っています。

せっかく僕を選んでご連絡頂けても
正直、半分くらいの方しか
お受けさせて頂いていない
というのが現状です。


生意気かと思われるかもしれませんが、
けっして生意気な気持ちではありません。


僕にとっては
とても大事なことなんです。



僕はとても小心者で繊細な性格なので、
「本当に紹介文をすべて読んで頂けているのか?」
と不安だからです。



僕が大事にしていることは、

・写真の雰囲気の良さ
・僕自身の見た目の印象

などよりも、

・僕の撮影に対しての想い
・子供へ負担をかけたくない想い


そういったことのご理解、
共感する想いを“熱く”伝えて頂ける方に限り、
ご予約をお受けさせて頂いております。


そこの部分に1番に反応を
していただける方でないと、
うまくいかないと思っているからです。



僕の紹介文をお読み頂いたときに感じた想いや

「この人にしたい!」

と思われた瞬間のそのままのお気持ち

とにかくたくさんの想いを
お伝え頂きたいんです。



お金が目的ではなく、
同じ想いの方のお役に立ちたいというのが
僕が写真を撮る目的です。

ただの「撮影サービス」とは
思っていないからこそ、
慎重にご予約をお受けさせて頂いております。


ぜひご理解頂ける方のみ
ご連絡頂けますとうれしいです。





最初のメッセージで、
下記内容を教えて頂けますと幸いです。


①ご連絡を頂いている方の年齢
②撮影場所
③撮影内容
④ご希望日時
⑤参加人数(家族構成)
⑥雨天時の撮影実施の有無
(雨天決行or延期)
⑦自然体で良い写真を撮ってくれる
カメラマンはたくさんいます。
そんな中でなぜ他のカメラマンではなく
僕を選んで頂けたのか?
その具体的な理由と
熱い想いを教えてください。

⑧すべて読んで頂き僕の考え、
特に、
「お役に立てること・お役に立てないこと」
「意思を持って挑んで頂きたい」
をご理解頂いていますか?


⑨その他、ご要望、求める写真、
理想の撮影の進め方などを教えてください。



写真の良さや、
納品枚数の多さよりも、

想いに共感頂いているかどうかが、
ご予約をお受けさせて頂く
判断材料になっております。



そういったことをお伝え頂けますと

「よし!この方の為に頑張ろう!」

って気持ちで安心してご予約リクエストを
承認させて頂くことができます。

上手な文章である必要はありません。
文法がめちゃめちゃだったとしても、
想いは伝わります。

何でも教えて頂けますと幸いです。



※最初に希望日程と撮影希望場所が可能か?
だけご連絡頂いて、
その後に上記内容をお送り頂く方が
ご負担ないと思いますので
よろしくお願いします。

プロフィール

初めまして!
お悩み解決撮影サービス
「魅力フォト」の
あらしまともきです。


七五三やお宮参りの写真を中心に
家族撮影を行っております。

神社に参拝に来られたご家族が
触れ合っている時の

「ふとした表情」

を撮ることを専門にしています。



子供が大きくなった時に、
今日の写真を見て、

親の愛情を感じるものであってほしい。

それは、

カタチ作った写真からは
生まれないと思っています。

だから、

僕の目の前で起こる自然な光景を早撮りしてく
「スナップ撮影」のスタイルです。


撮る場所や構図などが決まっていて、
常に指示しながらするような撮影ではなく、


当日、「どんな写真が欲しいのか?」

を一緒に考えて、

「こうしたい!」
「ここで撮りたい!」

という意思をもって、
接してくれる方のお役に立ちたいと
思っております。


僕の中では子供が主役ではなく、
ご家族みんなが主役です。

パパママの表情、
じぃじ、ばぁばがお孫さんと触れ合って
幸せそうな表情をいっぱい撮ります!


なので、

親の為の「キッチリ撮影」ではなく、
子供のための撮影。

「ちゃんとしていない普段の様子を撮る撮影」です。






荒嶋友基
1982年愛知県生まれ
名古屋出張撮影サービス「魅力フォト」代表
社会人カメラサークル「ポートレート撮り合いっこ会」代表


公式ホームページがありますので、
過去の写真などを見ていただければと思います。

僕自身の雰囲気なども見て頂き、
「この人なら安心‼」
と思ってもらえたらうれしいです♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://cafeverrine.work/camera/99-2/



🌟僕は一般的なカメラマンとは全く違います🌟

・カメラを覗かずに撮る
・走りながら撮る(常に走ってます)
・カメラ目線なんてどっちでもいい
・写真へのこだわりはない
・写真映えに興味ない
・キッチリは苦手
・集合写真はシャッターを押すだけ
・ちゃんとしてない姿こそ撮りたい
・撮れらる人に負担をかけたくない
・写真が苦手な人の役に立ちたい
・ふとした表情に特化している
・ありのままの姿を撮る専門
・お金より信頼信用が大事
・とにかく人の喜ぶ顔が見たい

なので、
一般的なカメラマン像とは
かけ離れています。




🌟お悩み解決が僕の目的🌟

子供の写真はたくさんあるのに、
自分と子供が一緒に写っている写真が
ほとんどない...


笑顔で一緒に遊んでいるところも
子供と喧嘩しているところも
ぐずっているのをご機嫌を取ろうとしているところも

・・・全てが記憶にあるのに

一生懸命一緒に遊んでいるからこそ、
一生懸命あやしているからこそ
その瞬間の姿を写真に残すことができない。


本当に欲しい家族写真って、
こういう写真なのに...

僕はそんなパパママのために
家族写真を撮りたいと思っております。





🌟なぜ家族撮影をするのか🌟

これまで写真が苦手な人向けに
約1300名ほどのプロフィール写真撮影を
してきました。

公園内の緑きれいな背景で撮る、
「公園プロフィール写真」です。


そんな僕が、

家族写真撮影を本気で始めようと
思ったのには理由があります。

それは、

撮影サービスの活動の幅を広げたくて
家族写真の撮影会を開催したのがきっかけ。


実績作りと作品を集めることを目的に、
3年前、6組のご家族の方とカメラマン仲間に
協力して頂き、撮影会を開催しました。



その時に感じたのは、

「家族撮影を甘く見ていた...」

ということです。



単に「家族のお洒落な写真を撮ろう‼」
と思ってた僕は、

やっている中で
家族写真の奥深さを知りました。




写真を撮っていると、

「かっこいい写真」
「お洒落な写真」

を撮ることばかりに
意識が行ってしまいます。


「この写真どうだ‼」みたいな。


無意識にも自己満足で
撮ってしまっている自分がいる。

それに気づいてからは、
途中そんなことも考えさせないくらい
必死に撮り続けました。


それは、


パパとママの我が子に向ける表情を見たときに、
何とも言えない気持ちになったからです。

親は我が子を見るときに、
こんな表情になるんだ...

その眼差しからは
とてつもない愛情を感じて、

途中からは、
「この表情を残してあげたい」
って気持ちに変わっていきました。



子供が泣いていても
笑っていなくても

親が子を見る愛情あふれる表情に、
家族写真の意味を感じた撮影会になりました。


そんな経験があってから、




お洒落じゃなくてもいい。
家族写真でより多くの方のお役に立ちたい‼
喜んで頂きたい‼

そんな写真が撮れたらいいな
って思うことができました。




🌟好きなことをやっているときが一番幸せ🌟

やっぱり僕の中では
写真を撮っているときが
1番の楽しい瞬間なのかもしれません。


そして何よりも
撮った写真を編集しているときが
ほんとに楽しい


「あっこの表情めっちゃいい~‼」
「うわぁ、めっちゃいい笑顔~‼」



そんな感じでやっていると
結局、納品枚数は100枚以上になっている。


でも、とにかく喜んでほしい!
という想いでやっているため、
枚数制限などはしたくありません。

良い写真は全部お渡ししたい。

僕の中では、


相手がドン引きするほど全力で
期待値を大きく超えるものを提供したい!



例えば、


撮影時間50分は目安にすぎません。
まだまだ撮れる写真があるのに
時間が来たから終了。

というのが僕の中では一番嫌いなこと。

「よし!たくさんいいの撮れたぞ!」

って、笑顔で終われることを
大事にしています。


ビジネスとしては
うまくいかない考え方なんだろうけど、

やっぱり自分らしく仕事をしたいのが1番。






🌟頑張らない撮影🌟

僕の行う家族撮影は、

「子供にちゃんとさせない撮影」です。

◆無邪気に走り回っている姿
◆親の言うことを聞かず自由気ままに動き回る姿

そんな「子供らしさ」を写真に残すことに
家族撮影の楽しさを感じています♪


これまでたくさんの家族撮影を
させて頂いた中で感じたのは、

子供たちに楽しい時間を過ごしてもらいたい‼
ということでした。


正直、子供は撮影には
興味がない子が多いです。



例えば、七五三撮影なら


動きずらい着物を着て
歩きにくい履物を履いて

眠いし、お腹すいたし
早く遊びに行きたい‼

って思っている。


そんな中で、周りから、

「カメラの方見て‼」
「ちゃんとまっすぐ立って‼」
「変顔しないで‼」
「ピースしないで‼」
「笑って‼」

と言われて、
子供は困惑した表情。



僕は普段、カメラのレンズを通して
そんな子供たちの表情の変化を
敏感に感じ取ってきました。


そして、作り笑顔の瞬間や、
今を楽しんでいない表情の時には
シャッターを押せない自分がいました。




🌟何が幸せなんだろうか🌟

子供が心の底から笑って、

今この瞬間を楽しんでくれていることが、
親として1番の幸せだと思っています。


カメラ目線のおすまし姿を求められて
無表情の写真よりも、

木登りしたり芝生を転げまわっているときの
子供の表情は僕らを幸せにしてくれます。


カメラ目線じゃなくても
おすまし姿じゃなくても
木の枝を振り回していたって


無邪気な笑顔の写真が残せたら、
それだけで十分満足!


僕は、そんな同じ想いを持つ
ママ、パパのお手伝いができることに
楽しさを感じて家族写真を撮っています♪


パパママが撮影に対して、

「ちゃんとしなきゃ‼」

と、真面目であればあるほど
よい表情を撮ることは
難しくなってしまいます。


大人も子供も、
頑張らないことが結果いい写真が
撮れると思っています。



🌟3歳児には靴を履かせてほしい🌟

七五三撮影での子供の大敵が草履です。

境内を移動しながら撮影をしていく為、
脱げて履かせて、脱げて履かせての繰り返し...

歩きにくいし痛いしで、
子供にとっては機嫌を
悪くしてしまう原因になります。


実はこれは、
すごく大切なことです。


僕は子供の無邪気な笑顔が見たいので、
3歳児には靴を履かせて頂ける方に
限らせて頂いております。


※「うちの子は、草履でも無邪気に走り回るから大丈夫!」っていう方でしたら問題ございません☺



🌟僕の理想のお客様🌟

僕自身が、子供がぐずっても、
着物が着崩れても雨でも、
全てその時の記録だと思っています。


お行儀のいい子供はいません。

・ヤンチャ盛りのそのままの子供の姿を残したい!
・子供と触れ合っている瞬間の表情を撮ってほしい!
・子供が不機嫌でしかめっ面でも、
「これが今のこの子だ」って思えるパパママ


そんな方にご依頼いただけたら嬉しいです。



🌟変顔したっていいじゃん!🌟

子供がする変顔は、
後々良い表情を撮るために必要なこと。
だと思っています。

よく、「変顔しないで」と
子供に注意をするママがいらっしゃいます。

子供が変顔をするのは、
恥ずかしい気持ちを隠すためや、
子供特有のボケの1つ。

でも、そういう子供には
変顔をさせた方がいい。

っていう考えです。


変顔を撮ってあげて、
その写真を見せると笑ってくれる。

そうやって子供の気持ちを満たしてあげる。
それが僕と子供のコミュニケーション。

そういったプロセスがあるから、
後々よい表情を向けてくれます。

「今その瞬間」だけを考えるのではなく、
数分後、数十分後の子供の気持ちの変化まで
考えて撮影を進めていく。


だから僕の七五三撮影は
最初から最後までママさんの
理想通りにはいかない。

というのが現実なんです。





また、集合写真時、
子供がカメラを見ないことは良くあります。

そんな時に、

粘ってカメラ目線の写真を
撮ることはしません。


ダメなものはダメ。
気分を変えて他の場所で撮ります。



🌟家族撮影の流れ🌟

まず、写真のイメージや
どんな写真が欲しいのか?
など、ご要望をお聞きしています。


もちろん、
ご要望頂いた内容だけでなく、

「こんな写真があったらいいなぁ~」
「ここでこの向きで撮ったら絶対いい写真になる!」

と感じたときには
僕自身も提案させて頂きます。



家族みんなの集合写真以外は、
ポーズをとって止まっての撮影ではなく、

・カメラを気にしていない自然体の姿、
・普段のように親子で触れ合っている姿、表情

をお撮りしています。

1枚1枚丁寧に撮るのではなく、
僕の目の前で起こる自然な光景を早撮りする
「スナップ撮影」をします。




お子様に楽しい気持ちを維持してもらう為にも
「ちゃんとして‼」と怒るのは禁止です。

歩いている姿も子供を注意している表情も
常にカメラを向けていますので、
そんな表情も撮っちゃいます。


また、お子様が自宅で見せる
無邪気な表情を少しでも残せるように、

パパママ、じぃじ、ばぁばも
一緒に走り回ったり、

楽しくシャボン玉をして
遊びながら参加していただけると、
きっと子供の笑顔は10倍にもなります。


かしこまった写真ではなく、
後から写真を見たときに、


「えっ、こんなところまで撮ってくれてたの⁉」
「おっ意外といいじゃん‼」

って思って頂けるような写真を
たくさん撮っていきます‼


集合写真に時間をかけることはしません。
並んで頂いたら、

「ハイチーズ」

でOK~で終わります。




🌟子供の笑顔を撮る1番の方法🌟

僕一人の力でお子様を
笑顔にすることはできません。

正直、人見知りの子は最後まで
笑顔の写真が撮れないこともあります。

特に7歳女の子の七五三は、
着物を着ることで気持ちがかしこまってしまい、
しっかりしすぎてしまう。

撮影に真面目であればあるほど、
普段の笑顔を撮ることは
難しくなってしまいます。



その為、子供が笑顔になるのは、
やっぱりパパとママにかかっています。

撮影に緊張しているパパママの空気感を、
子供は敏感に感じ取り、
その感情が移ってしまう。


「なんでもいいや!」

くらいの気持ちが大事。

パパママが撮影を楽しんでいる姿を見て、
子供も楽しくなります。

一緒に走ったり、
お子様を抱っこしたり、
高い高いしたり、


普段公園で遊んでいる感じや、
家で接しているそのままの感じで
過ごしていただくだけで
子供の笑顔が引き出せます♪







🌟過去にあった失敗(正直にお話します)🌟

これまでの4年間、
400組ほどの家族撮影を行ってきた中で、
2組のお客様から怒られたことがありました。

それは、

「なぜ服装や髪の乱れを指摘してくれなかったんだ!」

ということ。


その時僕は、
ご指摘を受けて初めて
その事実に気づきました。


・奥様の着物の帯がズレている。
・ご主人の袴の胸元からインナーが見えている。
・抱っこされた子供の服がめくれ上がっておなかが見えている。


そんなことがあってからは、
注意深く見るようになりました。


でも、それでも
完璧になれたと言えませんでした。


後々気づいたのは、
“価値観の違い”だったということ。


お子様のおなかが見えているのも
それはそれでよいシーンだと思っていた。


着物のことはわからないから、
ちょっとしたズレに気づけない。


そこよりも、


良い表情を撮ってあげたい一心で
「表情」にピントを合わせる作業や
明るさ調整など、カメラを覗いている時には、
そこに全集中していました。


僕自身が写真に対して
どんなことを大切にしているか。


撮影をご依頼されたパパママが写真に対して
どんな価値観を持っているか?


そこの違いだったんです。


だから僕は、
すべての方のお役に立てるわけではなかったことに
その時初めて気づくことができました。


僕の撮影は写真館で撮るような、
「きちんとした家族写真」ではなく、

公園で遊ぶ自然体の表情、
家族の本来あるべき触れ合う姿。


ぼくはそういった写真を撮る人
と思って頂けますと嬉しいです。




🌟良い写真が撮れるご家族の特徴🌟

これまでの経験から、
子供の良い表情を撮れるご家族には
特徴があります。それは...


「写真にこだわりがないこと」です。


よくある例ですが、

ママは写真にこだわりがある。
パパは写真に興味がない。

この場合、良い写真が撮れるのは
圧倒的にパパの方なんです。


子供の身だしなみを整え、
「今から撮影だからねー」と
プレッシャーを与えてしまうママ。


「今は撮影の時間だからお菓子はあとでね!」

これでは写真スタジオと
変わらなくなってしまいます。


一方、

「写真なんかどうでもいい!」
って思っているパパは、

着物なんてお構いなしに
子供を抱っこして遊んでいる。


そんな気ままなパパとの遊びが楽しくて
子供とパパの最高の笑顔のツーショットが撮れる。


「撮影をしに来た」

というよりも、

「七五三参拝に来た」

そのついでに、その様子を
ちょっとだけ撮ってもらえたらいい!

そんな考えのご家族の方が、
良い写真がたくさん撮れています。





🌟僕と他のカメラマンさんの大きな違い🌟

多くのカメラマンさんは、

・常に指示をくれてリードしてくれる
・要望がなくてもお任せで撮ってくれる
・集合写真で子供がカメラ目線になるまで粘って撮ってくれる
・撮影スポットを順番に回り、立ち位置や体の向きなどを決めて1枚1枚丁寧にキッチリした写真を撮ってくれる



スタジオで撮るような
キッチリしたものを屋外で撮ってくれて、
撮影時間全体をコーディネートしてくれる。


これが多くのカメラマンさんの特徴。



でも僕は全く違います。


参拝に来たご家族のありのままの姿を撮ります。
「ありのまま」なので、お任せはありません。

「ここでこうしててください」

という指示もしていません。



あくまで参拝している自然な姿ですので、

「賽銭箱の前に行きましょう!」

って誘導させて頂き、
あとは自由に手を合わせているところを
勝手に撮っているような感じです。


もし撮りづらいことがあるときには、
立ち位置を提案させて頂くことはございます。



自然な中でシャッターを押していますので、
早すぎて、

「あっすみません!もうちょっとだけ手を合わせててくださーい」

ってお願いすることもあります。



「○○君!南無南無できた~?」

って言って自然な流れで
子供がこっちに向くように
声をかけたりもしています。


そして、


「はい!撮れました~」
「次はあっち行きましょう!」

っていうゆるーい感じです。




🌟家族の幸せを決めるのはカメラマンではない🌟

僕がお任せ撮影を嫌う理由は、

「こうしたい!」

という強い意思を持った方の
お役に立ちたいからです。

そして、

常に指示をして進める撮影をしない理由は、

「言われたからそうする」

という姿は“ありのまま”ではないからです。



誰かが撮影を負担に感じたり、
嫌な思いをさせることになるのが辛いからです。


「つぎはどこで撮るか?」
「何を撮るか?」


のご指示はさせて頂くのですが、
細かいご指示まではしたくありません。

なぜなら、

家族の幸せをカメラマンが決めるのは
なんか違うんじゃないか?
と思うからです。


例えば...



「ここでママと○○ちゃん2人で撮りますか?」

っていうご提案をするときに、
どんなふうに撮るかまでは
僕が決めることはしません。


抱っこして撮りましょう…
ママはしゃがんで○○ちゃんの肩に手をかけて…

みたいに言っても、
それは結局ポーズになってしまう。


言われたからやるのではなく、
自然とやれることが大事だと思うんです。



ママご自身が、我が子との
どんなツーショットが欲しいのか?


そういったところの
「意思」は持ってて頂きたいんです。


ただ2人横に並んで立って「ハイチーズ」。

そういう写真でも私たちらしくていい。
十分幸せを感じる。


そんなお考えならそれが正解になる。


家族の正解は家族の中だけにあります。



家族の幸せをカメラマンに
丸投げして本当にいいのだろうか?



これが僕がこだわる「意思を示してほしい」の意味です。




🌟目的がはっきりしている方だけのお役に立ちたいです🌟

他のカメラマンさんではなく、

・指示もしてくれない
・お任せで撮ってくれない
・キッチリした写真が苦手

そんな僕を選んで頂いた具体的な理由や目的、
ご要望を教えて頂き、ご判断させて頂いております。


例えば、ご要望なら

子供を抱っこしたツーショットが欲しい
(カメラ目線は不要)

子供と走っている姿が欲しい

子供と触れ合っているときの
ふとした瞬間の表情が欲しい

鳥居の柱から家族みんなで
顔を出している写真が欲しい

集合写真は本殿前で1枚あればいい

参拝しに来た自然な様子に
シャッターを押してくれたらいい




このように、

明確に自分の欲しい写真が決まっていて、
その為にこういう流れでとってほしい。

「なんとなくいい写真」

ではなく、

子どもがぐずって機嫌が悪い表情も
どんぐりを拾っている姿も
着物で地面を転げまわっている姿も
それらに手を焼いている親の表情も

こういう写真こそ撮ってほしい!


そんな僕と同じ価値観を
お持ちの方が僕は大好きです。


「こんな写真を求めているんだ!」


って強い意志を示して頂ける方に
僕は心を打たれます。





🌟「常識」「普通」は気にしなくていい🌟

僕にご依頼を頂ける方のほとんどは、
出張撮影初めての方です。


「出張撮影とはこういうもんだ!」


という常識的な考えは僕にはありません。



神社に参拝に来た様子を撮る!
っていうシンプルなことです。


ロケーション撮影という
一般的な流れも何もありません。


そして何よりも、
今までの人生での「撮影」の
イメージを捨てて挑んでください。


最近2022年11月に
撮影させて頂いた3人家族の方は、
お会いしたときにこう言われました。


「あらしまさんがいることは忘れてもいいですか?」


僕は笑顔で、「はい!大丈夫です!」


ほんとそんな感じでいいんです。




🌟七五三撮影の所要時間・流れ🌟

七五三撮影では多くの方はご祈祷前、
ご祈祷後の撮影になります。



ご祈祷を挟まれる場合は
その時間もサービス時間60分に含まれます。



境内の撮影で60分は、
神社によってはかなり長い時間になります。



その為、撮影時間に関しましては、
神社を周って一通りの写真が撮れて、

「撮れ高も十分だな」

となったら、

「一通り撮れました」
「他に撮りたい写真はありますか?」

とご報告させて頂いております。



それ以降はご要望がありましたら
ご対応させて頂いております。



神社に参拝をしに来た家族の自然な様子を
密着撮影するような感じですので、



・賽銭箱の前で手を合わせてお参りしているシーン
・絵馬を見ているシーン
・手水舎で手を洗っているシーン
・鳥居をくぐっているシーン



など、それ以外は、

子供一人の写真や集合写真など、
カメラ目線で撮る写真になります。



このような流れで、
神社や参加人数によっては
30分で撮れてしまうこともあれば、


子供が楽しめるような神社ですと
70分ほど撮影していることもあります。


子供たちが境内を自由に
遊びまわるようなタイプの子でしたら、
上記以外のシーンもたくさんの
写真が撮れております。





🌟ぐだぐだな撮影🌟

子供に着物を着せ、
草履を履かせる。

ぐだぐだな時間になることは決まっています。
パパママも思い通りにはいかないと思います。

子供を相手にしている以上、
どのご家族も一緒です。


思い通りにいかないこと
子供が言うことを聞かないことは、
想定済みです。


和傘を持っていきますが、
子供が和傘を上手に持って
写真を撮らせてくれることの方が
珍しいくらいです。

僕の中では和傘を持っている写真であれば
それ以上のことは求めません。

持ちたくないと言えばそれでよい。

傘を持ってくるくる回してくれるだけでも
「ありがとう」って思います。


「他の子どもはちゃんとやってる」


そんなことはありません。
みんなぐだぐだです。


「千歳飴を食べたい!」

って言うのも普通。

そんな時は食べさせてあげるくらいの
余裕をもってほしい。

千歳飴をくわえている姿もかわいいです。

時間はたっぷりあります。





🌟他の参拝者さんの写真撮影も大事🌟

神社で撮影をしていると、
たくさんの参拝者さんがいらっしゃいます。

その中には僕と同じように
七五三やお宮参りの撮影をしている
カメラマンも多くいます。

僕の撮影は常に周りへの配慮と
気遣いを大事にしています。

他の参拝されているご家族が撮影をしているときは、
背景に写らないように僕のお客様にも伝えます。

混雑しているときは特に、
そういったシーンが増えてきます。


「自分たちだけ良ければいい」

という考えが苦手だからです。

僕にとっては他のご家族の写真撮影も大事。

僕が撮っているか、
他のカメラマンが撮っているか、
家族内で撮っているか

というだけの違い。


僕はそういうことを大事にしています。




🌟七五三でおすすめは川原神社🌟

1番のおすすめ神社は、、、、
昭和区川名の川原神社です。

◆写真映えする赤い鳥居や池
◆参道からの拝殿の景色の良さ
◆緑きれいな木々から入る太陽の光


このような条件から、
僕が最もおすすめさせて頂く神社です。



↓撮影の多い神社についての情報です。


🌟川原神社での撮影について🌟

・ご祈祷中の撮影は2022年4月から禁止になりました。
・事前のご祈祷予約が必要です。
(10月11月はすぐに埋まってしまう為、早めの予約が必須)
・ご祈祷をしない方の撮影は撮影料5000円が発生いたします。


🌟伊奴神社について🌟

・ご祈祷中の撮影は禁止
・当日のご祈祷受付(予約不要)
・撮影許可申請費1000円かかります
・撮影にはご祈祷実施が必須


🌟市原稲荷神社について🌟

・ご祈祷中の撮影可能
・当日のご祈祷受付(予約不要)
・撮影にはご祈祷実施が必須


🌟大縣神社について🌟

・ご祈祷中の撮影は禁止
・当日のご祈祷受付(予約不要)
・撮影にはご祈祷実施が必須


🌟塩竈神社について🌟

・ご祈祷中の撮影は禁止
・当日のご祈祷受付(予約不要)
・撮影にはご祈祷実施が必須



🌟七五三撮影でご依頼の多い神社🌟

1位:川原神社(昭和区)
2位:市原稲荷神社(刈谷市)
3位:大縣神社(犬山市)
4位:伊奴神社(西区)※撮影費とは別途で撮影申請費1000円が発生いたします。
5位:塩竃神社(昭和区)



🌟その他撮影経験のある愛知県の神社🌟

愛知県護国神社(中区)
熱田神宮(熱田区)※撮影不可
城山八幡宮(千種区)※別途撮影許可費3000円必要。
上野八幡宮(千種区)
成海神社(緑区)
羊神社(北区)
伊奴神社(西区)
片山神社(東区)★ご祈祷中の撮影OK
御器所八幡神社(昭和区)
熊野神社(東海市)
真清田神社(一宮市)※撮影不可
若宮八幡宮(江南市)
内々神社(春日井市) ★ご祈祷中の撮影OK
成田山(犬山市)
針綱神社(犬山市)
大懸神社(犬山市)
市原稲荷神社(刈谷市)
六所神社(岡崎市)
龍城神社(岡崎市)
伊賀八幡宮(岡崎市)
諏訪神社(西尾市) ★ご祈祷中の撮影OK
挙母神社(豊田市) ★ご祈祷中の撮影OK
猿投神社(豊田市)
三好稲荷神社(三好市)
知立神社(知立市)
住吉神社(半田市)
乙川八幡神社(半田市) ★ご祈祷中の撮影OK
武雄神社(武豊町)
熱田神社(大府市)
深川神社(瀬戸市)
渋川神社(尾張旭市)
田縣神社(小牧市)




🌟お宮参り撮影ご希望の方へ🌟

お宮参り撮影は、
赤ちゃんの機嫌や体調を考え、
50分~60分の間でご祈祷も撮影も
終わらせるよう行っております。


↓こんな流れです。

①ご祈祷受付
②ご祈祷に呼ばれるまでの時間の待っている自然なシーンを撮影
③ご祈祷中は外で待たせて頂きます。
※ご祈祷中の撮影がOKな神社ではご祈祷中も撮影をいたします。
④ご祈祷終了後、境内で撮影


神社に参拝をしに来た家族の自然な様子を
密着撮影するようなイメージです。

・手を合わせてお参りしているシーン
・絵馬を見ているシーン
・手を清めているシーン
・産着を着ているシーン

など、カメラ目線でポーズを
とっての撮影ではなく、

カメラのことは気にせずに、
参拝している様子を撮っていく
スタイルです。


そういった中で、
良く撮れる立ち位置などがありましたら
指示をさせていただく流れになります。


カメラを見ない自然なシーンを中心に、
カメラ目線の集合写真もお撮ります。


「こんな写真を撮ってほしい!」


というご要望を言って頂ければ
ご要望通りの写真やポーズでも
お撮りさせて頂きます。






🌟お宮参りで自然体写真を撮る為に🌟

受付・ご祈祷からスタートしていただくのは
理由があります。

初めて会うカメラマンと、

「出会ってすぐに撮影」

という流れですと、
お客様自身かしこまってしまい、
自然体ではいられないからです。


受付をしている時や
ご祈祷を待っている時などに、

会話をしながら
赤ちゃんの表情を撮ったり。

産着の着せ方がわからない方に、
一緒に綺麗な着せ方を提案してみたり。

そういった時間の中で、
僕とパパさんママさんの間に、
少しの慣れが出てきます。


ご祈祷が始まるまでの間にも
たくさんの写真を撮りますが、

ご祈祷終了後からが、
僕の中では撮影の本番。


この「慣れ」の時間があるからこそ、
お客様の撮られることへの不安がやわらぎ、
自然な表情が出やすくなります。


🌟最後に🌟

この4年間は主に、
家族撮影のお仕事を頂いてきました。

可愛い子供たちと走り回って
撮影している楽しさ。

笑った顔も泣いている顔も、

「まるで自分の子供か‼」

っていうくらいの親目線で、
僕自身が「子供のこんな写真が欲しい」
という想いで撮影していることに
気づきました。



家族のあるべき姿
ママさんが望む「家族の幸せ」を、
目に見えるカタチにして
幸福感を感じてほしい。


子供が笑っている姿だけじゃなく、

・パパもママも楽しそうに笑っている横顔も
・子供を心配そうに見守る表情も

「想い出として」でなく、
家族の幸せのために全部撮りたい!


だから僕は自然体の写真を撮ることに
こだわってます!



また、僕自身
このようなネット上での
サービス販売をする際には、

「信用」「信頼」

をもっとも大事に考えています。

「この人なら安心だ」
「この人なら信用できそうだ」

と安心してご依頼頂けるように、
本名での顔出しをしております。


作品集の中には
僕自身の写真も
数点掲載しております。


名前でGoogle検索して頂ければ、
ここだけでは伝えきれない
僕のたくさんの情報を見ることもできます。



当日まで


「どんな人が来るんだろう...」
「どんな写真を撮ってくれるんだろう...」


と不安なままには
させたくありません。


是非、安心して頂いてから
ご予約いただければ幸いです。




🌟お問合せについて🌟

撮影場所やお時間などで
ご対応できるか否かが変わってきます為、

正確にスケジュール表を
管理することができなくなっております。



ご予約を頂ける前に
下記内容をお問合せ頂けますと幸いです。



🌟正直なお話🌟

僕自身、価値観、写真の目的が同じ方だけの
お役に立ちたいと思っています。

せっかく僕を選んでご連絡頂けても
正直、半分くらいの方しかお受けさせて頂いていない
というのが現状です。


生意気かと思われるかもしれませんが、
けっして生意気な気持ちではありません。

僕にとってはとても大事なことなんです。



僕はとても小心者で繊細な性格なので、
「本当に紹介文をすべて読んで頂けているのか?」
と不安だからです。



僕が大事にしていることは、

・写真の雰囲気の良さ
・僕自身の見た目の印象

などよりも、

・僕の撮影に対しての想い
・子供へ負担をかけたくない想い

そういったことのご理解、
共感する想いを“熱く”伝えて頂ける方に限り、
ご予約をお受けさせて頂いております。

そこの部分に1番に反応をしていただける方でないと、
きっとうまくいかないと思っているからです。


僕の紹介文をお読み頂いたときに感じた想いや
「この人にしたい!」と思われた瞬間のそのままのお気持ち

とにかくたくさんの想いをお伝え頂きたいんです。



お金が目的ではなく、
同じ想いの方のお役に立ちたいというのが
僕が写真を撮る目的です。

ただの「撮影サービス」とは思っていないからこそ、
慎重にご予約をお受けさせて頂いております。


ぜひご理解頂ける方のみ
ご連絡頂けますとうれしいです。





最初のメッセージで、
下記内容を教えて頂けますと幸いです。


①ご連絡を頂いている方の年齢
②撮影場所
③撮影内容
④ご希望日時
⑤参加人数(家族構成)
⑥雨天時の撮影実施の有無
(雨天決行or延期)
⑦自然体で良い写真を撮ってくれる
カメラマンはたくさんいます。
そんな中でなぜ他のカメラマンではなく
僕を選んで頂けたのか?
その具体的な理由と
熱い想いを教えてください。

⑧すべて読んで頂き僕の考え、
特に、
「お役に立てること・お役に立てないこと」
「意思を持って挑んで頂きたい」
をご理解頂いていますか?


⑨その他、ご要望、求める写真、
理想の撮影の進め方などを教えてください。




写真の良さや、
納品枚数の多さよりも、

想いに共感頂いているかどうかが、
ご予約をお受けさせて頂く
判断材料になっております。



そういったことをお伝え頂けますと

「よし!この方の為に頑張ろう!」

って気持ちで安心してご予約リクエストを
承認させて頂くことができます。

上手な文章である必要はありません。
文法がめちゃめちゃだったとしても、
想いは伝わります。

何でも教えて頂けますと幸いです。



※最初に希望日程と撮影希望場所が可能か?
だけご連絡頂いて、
その後に上記内容をお送り頂く方が
ご負担ないと思いますので
よろしくお願いします。

続きを読む

活動エリア

続きを読む

対応可能なジャンル

  • 七五三
  • 家族
  • お宮参り
  • プロフィール
  • 成人式
  • シニア
  • 友だち
  • イベント
  • ペット
  • 法人(社員)

スケジュール

10:30など上記時間枠にない時間から撮影したい場合は、直接問い合わせよりフォトグラファーにご確認ください。

直接問い合わせ

フォトグラファーへ事前に聞きたいことがある方は直接メッセージすることが出来ます。
ログインまたは会員登録を行ってください。

依頼者からの評価・コメント

とても良い

愛知県

七五三

撮影ありがとうございました。納品がとても早く、嬉しかったです。七五三とお宮参りの撮影をお願いしましたが、とても素敵な写真ばかりで、お願いして本当に良かったです。カメラマンさんはとても親しみやすいお人柄で、子供達もよく懐いていました。神社を散策しながら撮影をしていただいた感じで、疲れることなく、いい思い出を形に残せたと思っています。またぜひお願いしたいです。ありがとうございました。

2022/11/27 更新

とても良い

愛知県

七五三

昨日は撮影ありがとうございました。
お天気もよく、こどもたちもカメラに興味津々で楽しそうでした。

2022/11/25 更新

とても良い

愛知県

七五三

終わったあと、子供が『写真撮ってくれたね』ではなく『おにいさん、たくさん遊んでくれたね』って言ってました。とても楽しかったようで、お写真も素敵なものばかりでとても満足しています。楽しみにしていたので、納品が早くて嬉しかったです。次回も是非、お願いしたいです。またよろしくお願いします。

2022/11/21 更新

Loading...