敬老の日に出張撮影をプレゼントしよう


もうすぐ敬老の日。おじいちゃん、おばあちゃんへ日頃の感謝の気持ちをあらわすことができる、いい機会ですね♪

「せっかくなら喜んでもらいたいけど、何を贈ればいいかわからない」

「花束、お酒、お菓子、、、いつも無難なものになりがちで、なんだかマンネリ化」

「”物”としての贈り物は、贈り尽くしてしまった」

そんな方もいるかもしれません。

贈り物は、相手が大切な人だからこそ悩むもの。今年はOurPhotoの出張撮影で「思い出を形に残す」プレゼントはいかがですか?

フォトグラファーを探す

シニア世代の撮影シーン

シニア世代の撮影シーンはたくさんあります!家族や親族が集まる場で一緒に撮影する場合もあれば、シニアのご夫婦のみでの撮影もありますよ。

子・孫たちと三世代旅行で

子・孫たちとの三世代旅行も増えています。旅行先では思い出の写真をたくさん残したいもの。だけど誰かがカメラ係で欠けてしまっては残念ですよね。旅先にフォトグラファーを呼んで、素敵な写真を残しましょう!

長寿祝いの席で

還暦、古稀、喜寿など節目の年齢で行われる長寿祝い。家族や身近な人が集まって開くお祝い会にフォトグラファーが出張する機会が増えています。ご自宅にも伺いますので、外出が難しい方でも安心です。

結婚記念日にご夫婦で

子育て期は写真をたくさん撮っていたご夫婦も、子どもが巣立った後、改めて家族写真を撮る機会はないものです。結婚記念日やお誕生日などの記念日に、ご夫婦の自然なツーショット写真。自分たちでは思いつかないものだからこそ、喜んでもらえる機会になるようです。

喜びの声をたくさんいただいています!

祖母にかけがえのない体験をプレゼントすることが出来てとても感謝しています!!

この度は父母の結婚50周年の写真を撮っていただきました。父母も大喜びで、心に残る本当にいい思い出になったと言っています。

祖母の体調にも細やかにお気遣いくださり、一同感謝しております。家宝にしたいと思います。

撮影されたシニア世代の方にとっても、撮影を手配した子・孫世代の方にとっても、貴重な思い出の1ページとなったようですね。

「出張撮影」のプレゼント方法

「出張撮影」のプレゼントの方法は、贈りたい相手の状況によって2通りあります。

贈り主が手配

贈りたい相手が自分で予約手続きをできなさそうな場合は、贈り主が代わりに手配してあげましょう。

詳しく見る

OurPhotoギフト

贈りたい相手が自分で予約手続きをできる場合は、OurPhotoギフトを贈りましょう。

詳しく見る

贈り主が予約を手配する

(1)日程調整

出張撮影を贈りたい相手(おじいちゃん、おばあちゃん)に都合のいい日程を聞き、撮影日を決めましょう。

(2)予約

通常の撮影依頼と同様に、おじいちゃん、おばあちゃんがお住いの地域で活動しているフォトグラファーを選んで予約を入れます。

(3)事前の打合せ

撮影のメインはおじいちゃん、おばあちゃんであること、敬老の日の贈り物であること等、事前情報やチャットでフォトグラファーに伝えておくといいですね。贈り主が撮影に同席しない場合は、当日の連絡先を双方に伝えておくことも忘れずに。

(4)撮影

待ち合わせ場所に集合して50分間撮影をします。どうやって撮られたらいいのかと最初は心配かもしれませんが、フォトグラファーが立ち位置やポーズを指示してくれるので大丈夫。リラックスしてのぞんでくださいね。

(5)納品

納品データをダウンロードして、おじいちゃん、おばあちゃんに送りましょう。プリントしてアルバムにしたり、フォトフレーム入れてあげるのも喜ばれそうですね。

今年の敬老の日はいつもと違うプレゼントで、ご家族の皆さまの大切な思い出を作りませんか?

OurPhotoは、特別な写真をもっと身近に、もっと気軽に素敵な写真を残してほしい願っています。皆さまの思い出作りのお手伝いをします!

フォトグラファーを探す