【撮影同行レポート Vol.6】初節句、祖父母からの贈り物の雛人形と記念撮影

「娘の初節句に雛人形を贈ってくれた祖父母のために、せっかくなのできれいな写真を残したい」という依頼者さまのご自宅へ出張撮影に伺いました。生後3ヶ月弱の娘さんと3人でちゃんと写真を撮るのは初めてということで、ちょっぴり緊張気味の依頼者さま。どのように撮影が進んでいくのでしょうか?

会話の中から、いい表情、いいシチュエーションを引き出す!

まずは、ぜったい押さえておきたい「雛人形の前で家族全員」のカットから。娘さんはすやすやと寝んね。フォトグラファーは全体を見渡しながら「ママはもうちょっと左ですね」「パパ、ちょっとだけ後ろに下がってください」と細かく座る位置を指示します。美しい構図で撮るために妥協はしません。

撮影中は穏やかな口調でたくさん話しかけます。「ママ、すごくいいですね〜」「パパ、ちょっと固いかな?」なんて言われたお父さまがゆるんだ瞬間をバッチリ!押さえました。

「さっき◯◯ちゃんを渡しあいしているのが、すごくかわいかったんです。その感じを撮りたいです」その場で起こったことも撮影プランに組み込みます。このようにフォトグラファーがシチュエーションを指示して撮った写真がこちら。とても自然でやわらかい表情ですね。

お家にあるもので、子供写真館並みの完成度!

次は「赤ちゃんと雛人形」のカット。撮りたいカットイメージを見せながらフォトグラファーと依頼者さまが相談し、ご自宅にあったバウンサーをお借りすることになりました。そこにフォトグラファーが持参した白いボア生地のマットをかぶせ、セッティングは完了です。

まるでご自宅が写真館になったかのような完成度の高い仕上がりです!お家にあるものを工夫してこんな素敵な写真が撮れるのなら、お子さんが小さくて外出が難しい人にとってこんなにうれしいことはありませんね。

これまで撮った写真をモニターで確認してもらいました。「わぁ〜、かわいい〜、ありがとうございます!」依頼者さまはとてもうれしそうです。

ご両親も自然と協力。

続いてはマットを床に敷いて撮影です。お母さまは娘さんをあやし、お父さまはレフ板を支えてくださっています。フォトグラファーが指示したわけではなく、自然とできあがった協力体制がすばらしい!

そうしてご両親の協力のもと撮れた一枚をご紹介。窓からの自然光がきれいです。お父さんお母さんに見守られ、お子さんがとても安心した表情をしていますね。

最後は、窓際のダイニングテーブルで、再び家族3人のお写真。お母さまに抱っこされて、娘さんのまぶたが重くなってきたところで今回の撮影は終了です。初めての撮影、お疲れさまでした!

まとめ

フォトグラファーのぬくもりフォトさんは、この日のためにあらかじめお部屋の写真を見て家具の移動をシミュレーションしたり、室内用の機材や小道具を準備して臨んでいました。また、構図の細部にこだわりながらも、会話の中でご家族の自然な表情を引き出していました。

今回、娘さんはまだ生後3ヶ月弱という首がすわるかどうかという月齢。でかけるとなると準備が大変です。そんなとき、「出張撮影は部屋で待っているだけでいいからとても助かる」とおっしゃっていたのが印象的でした。「祖父母からの贈り物である雛人形と一緒にきれいな写真を残したい」という依頼者さまの願いを出張撮影という形で叶えることができてよかったです。

フォトグラファー:ぬくもりフォト
同行者:サチカメ!

フォトグラファー

よねだゆか

メッセージ:
*2018年8月までのスケジュールを公開中です!
*撮影は1日1組限定。ご依頼はは4日前まで受付けています。

↓↓↓出張撮影について色々語っています(笑)
【OurPhoto女子フォトグラファー座談会】
https://our-photo.co/lp/zadankai?utm_source=ourphoto&utm_medium=ownsite&utm_campaign=top_mainbanner

↓↓↓モニター撮影の様子をご覧いただけます。撮影の仕方や流れなど参考になさってください。
【撮影同行レポート Vol.6】
https://our-photo.co/photograph_report/16

赤ちゃんと子供が大好きです!話しかけたり、一緒に遊んだりしながら撮影しています。
かっちりとした集合写真はもちろんですが、ふとした表情や、後ろ姿などカメラ目線ではない自然な様子からまっすぐな気持ちが伝わってくる写真が好きです。

自分自身が人見知りをする方だったので、初対面で緊張する気持ちはよく分かります。おっとりとしている方なので、徐々に慣れてくれたらいいなと気長な気持ちで撮影をスタートしています。「子供が写真嫌いで心配だったけど、楽しそうだったので驚きました」といったお声をいただいています。

とっても忙しいパパやママに代わって可愛いお子さまの姿だったり、大切な方との記念日を一生残る思い出としてキレイな写真で形に残したい。そんな思いで活動しています。

普段は撮る側に回っているパパやママも、撮影はおまかせいただいて思いっきり楽しんでくださいね。

事前のメッセージでのやりとりでアドバイスをさせてもらったり、必要な情報はできる限りお伝えし、安心して撮影当日を迎えていただけるように心がけています。

通年ご依頼が多いお宮参りでは、象徴的な場所での集合写真やかっちりとしたポーズはもちろんですが、ニューボーンフォトのように撮って欲しい!などリクエストがありましたら可愛く撮らせていただきます。
また、産着の着付けのサポートできますので、お声がけください。

夏の撮影は汗をかいたり暑さで体力を使います。そんな季節でも上手く撮影するコツなどアドバイスしていますのでお気軽にお問い合わせください。


彩度は上げすぎず、全体的にナチュラルな優しい仕上がりになっています。LightroomやPhotoshopといった写真処理/編集専門のソフトを使用して一枚ずつ丁寧にリタッチしています。

画像処理にはEIZOのColorEdgeモニターを使用し、定期的にキャリブレーションしています。
正確な色や明るさを表現できますので、納品データでフォトブックを作成したり、写真をプリントする際も仕上がりがキレイです。

- - - - - - - - - - - - - - -
*出張撮影可能エリア *
小田急線経堂駅(東京都世田谷区)より公共交通機関を利用して片道60分、交通費1,000円程度を想定しています。

2枠ご予約いただければ出張可能な場合もございますので、ご相談ください。
- - - - - - - - - - - - - - -

【ニューボーンフォトについて】

・平日午前中での撮影のみ承っております。
・生後14日までの赤ちゃんを推奨しています。
・撮影小物や赤ちゃんの洋服等はこちらでご用意させていただきます。
・お部屋に十分な撮影スペースを確保してください(3m x 3m程度)
・手荷物が多いので、最寄り駅から徒歩10分以内となります。

・INPA (インターナショナル・ニューボーン・フォトグラフィ協会)のメンバーである講師の元で、安心かつ安全な撮影を行うためのトレーニングを受けており、赤ちゃんの負担にならないよう細心の注意を払って進めています。
プロフィール:

青森県生まれ、東京都世田谷区在住のフリーフォトグラファーです。
都内大手結婚式場やホテルで4年間ブライダルフォトグラファーとして、多くのカップルの撮影に携わっていました。

2017年7月から出張撮影をスタートし、1年間で130組以上の家族写真を撮影をさせていただきました。

2018年〜ニューボーンフォトを本格始動し、神秘的な新生児の撮影に魅了される日々です。
洋裁や手芸が好きで手作りのベビー小物を撮影にも持参しています!

これまでに
撮影した写真