【撮影同行レポート Vol.8】大学生の卒業式、学生最後の日に袴姿で

3月は卒業シーズンです。今回は、卒業式の日に「学生最後の姿を写真に残したい」と依頼をしてくれた女子大生3人の撮影に同行しました。袴姿の3人の撮影はどんなものになったのでしょう。それでは見ていきましょう。

学生最後の記念に3人で撮りたい

袴姿の大学生3人と神社で待ち合わせ。「仲良しのこの3人で袴姿で撮りたかったんです」と挨拶をしながら話をしてくれました。袴のレンタル・着付けをするので、写真撮影もしようと思ったとのこと。着付けのプランの一つに写真撮影もあったようですが、3人で撮ってもらうことはできず、また撮って欲しい場所に来てもらうこともできなかったため、今回出張撮影を決めたと教えてくれました。

挨拶を終えてさっそく撮影に入ります。神社の正門から撮影開始です。鳥居の前で3人の肩を持って撮影。最初からみんなでワイワイ楽しそうです。

こちらがその写真。撮影開始直後とは思えない素敵な笑顔。みんなで撮影をしてもらうので、緊張感もなくリラックスしていますね♫ 袴姿がとてもかわいらしいですね。

みんなで写真をチェックして大盛り上がり!

何枚か撮影した後、みんなで撮影した写真をチェックします。カメラのモニターを覗き込んで撮影した写真を確認します。「あっ、これいいね」「すごーい!」「これかわいい♪」など写真を確認しながら大盛り上がり。友だち同士で撮影するからこそできる醍醐味ですね。

次はひとりひとりのカットを撮影していきます。後ろで表情を和ませる友だちの声も聞こえてきます。

その写真がこちら。前ボケを使ってふんわりと鮮やかな写真に。一眼レフならではの素敵な写真に仕上がりましたね。緊張もなく表情もとてもやわらかですね。

一人でそれぞれ撮った後には境内の近くに移動します。

境内の前の階段で撮影することにしました。フォトグラファーは立ち位置をやポーズを指示します。

境内をバックに振り向いた姿がとてもキュート。境内と袴の色がマッチして鮮やかで素敵な写真に仕上がりました。

思い出の母校で撮影

神社で一通り撮影した後、最後にキャンパスに移動します。卒業式ですから思い出の母校でも撮影したいですよね。まずは通学路やキャンパスの前で撮影。

通学路には卒業式のため大勢の人でごった返していましたが、華やかな3人に目が行くので人が多くても大丈夫ですね!3人はキャンパスの前でどこか感慨深いと言っていました。

最後に人混みを避けてキャンパスの近くで撮影。

キャンパスをバックに、みなさん決まってますね。このようにしてあっという間に撮影が終了しました。

まとめ

卒業式という学生最後の日に、袴姿の女子大生3人を撮影させていただきました。袴姿はとても素敵でフォトジェニック。また終始、和気あいあいと楽しい雰囲気で撮影が進みました。気心がしれた友だち同士だからこそ、撮影も楽しいものになりますね。この写真が3人の思い出となって、何年か後に見たときにこの撮影のことを思い出してくれたら嬉しいですね。

フォトグラファー

石橋 茉実(Mami Ishibashi)

メッセージ:
●大事なお知らせ●
産休・育休のため、2020年1月より活動を休止中です。2020年11月頃からをめどに、活動再開予定です。スケジュール登録は、10月以降に行います。スケジュール登録前や、11月以前の撮影依頼については、お問い合わせください。(子供を預けられる日に対応可能な場合があります)
 
プロフィール:
1987年秋生まれ、東京育ち。
 
高校時代に初マイカメラを購入。
 
高校卒業後の留学生活でカメラを持ち歩くことが習慣になる。(2007-2010年、オーストラリアに2年半+韓国に半年)
 
徐々に写真にのめり込み、帰国後、2013年頃より本格的に写真の勉強を開始。
 
2015年末、OurPhotoにフォトグラファー登録。フリーランスフォトグラファーとして、写真活動(撮影依頼受付、作品展示)を開始。
 
2019年5月、入籍。結婚記念に、撮られる側としてOurPhotoを利用。
 
2020年5月、長男を出産。新米ママ。

これまでに
撮影した写真