【撮影同行レポート Vol. 26】新緑の中で爽やかカジュアルに!春のエンゲージメントフォト撮影

カジュアル前撮りエンゲージメントフォトサムネイル

普段のデートの記録はスマホの自撮りというカップルさんも多いと思いますが、思い出の写真を見返すと、同じような自撮り写真ばかりになっていませんか?普段着でのカジュアルなカップルフォトは、エンゲージメントフォトウェディング前撮りとして撮影すれば、SNSでの結婚報告や、結婚式のプロフィール動画写真付き招待状・席次表などにも使えます。婚約や入籍はまだ少し先という方も、お二人の自然な様子をいつものデート先や思い出の場所でフォトグラファーに撮ってもらうのはぜひオススメしたいです!

今回は、新緑がキラキラ輝く公園でのエンゲージメントフォトの撮影に密着!フォトグラファーからの的確な指示と、お二人が選んだ爽やかなリンクコーデ、綺麗な公園の緑が、自分たちらしいオリジナル感ある写真を演出していきますよ♪ ^^

普段のデートシーンを再現

カジュアル前撮りエンゲージメントフォト1

「おはようございます。よろしくお願いします。」と待ち合わせ場所にいらっしゃったのは、婚約中のカップルさん。「結婚をするにあたって、記念に残る写真を残したい」「自分たちじゃ撮れないような写真が撮れたら」とご依頼いただきました◎

新婦さんは、プレ花嫁さんらしい白いワンピースに、初夏らしいグリーンの上着。新郎さんは、新婦さんと同じグリーンとホワイトの服装で、お二人のスニーカーはお揃いのブランド。とってもオシャレで爽やかなリンクコーデですね!

カジュアル前撮りエンゲージメントフォト2

挨拶後、フォトグラファーから今日の段取りについて説明をして、撮影スポットに移動。

「あえてカバンは持ったままで!この小道を、いつもの感じでおしゃべりしながら、手を繋いで歩いてきてください」とフォトグラファーからの指示。ドキドキ、撮影開始です!

カジュアル前撮りエンゲージメントフォト3

最初に撮影した1枚がこちら。とっても自然体なお二人!目線は外して、カメラを強く意識しない撮影からのスタートだったので、カメラに慣れてもらうこともでき、二人の普段のデートシーンが再現されました^^

カジュアル前撮りエンゲージメントフォト4

シーン毎に、都度、撮ったものをチェックしてもらいます。いきなりの素敵な写真に歓声が!気持ちもどんどん乗ってきます♪

的確なポーズの指示が嬉しい

カジュアル前撮りエンゲージメントフォト5

続いて、ポーズをつけた撮影。「ここで、手をとって、向き合って立って」と立つ位置やポーズを的確にお願いしています。

カジュアル前撮りエンゲージメントフォト6

少し離れた実際に撮影する位置からも立ち位置の微調整。そしてパシャりと1枚。

カジュアル前撮りエンゲージメントフォト7

“この場所でこう立ってもらい、こういう構図で撮れば、素敵な写真になる!”というフォトグラファーの意図と完成写真のイメージがはっきりと写真にも現れています!

カジュアル前撮りエンゲージメントフォト8

今度は、原っぱに移動。フォトグラファーが「足は折り曲げて、手は大きく広げて...」と、わかりやすいジェスチャーで何かお願いしていますね。

カジュアル前撮りエンゲージメントフォト9

「1、2、の、3!でお願いします!・・・せーの!」

カジュアル前撮りエンゲージメントフォト10

青空が映える大ジャンプ!指示通りに手足を大きく広げたことで、元気いっぱいな感じが表現されました!下から見上げて撮ったことで、空もより広く綺麗に、ジャンプもより迫力あるように写っています!

カジュアル前撮りエンゲージメントフォト11

「どれどれ... わぁ!すごい!飛んでますね!!」ご依頼者とフォトグラファーが力を合わせて撮った1枚には感動。3人の中には、いつの間にかチームワークが生まれていました。

粋な計らいが思い出に!

カジュアル前撮りエンゲージメントフォト12

最後に、黒板を使って撮影するようです。フォトグラファーと新郎さんのメンズチームで何やらコソコソ。メッセージを書いています。

カジュアル前撮りエンゲージメントフォト13

黒板にメッセージを書いたら、新婦さんに見られないように持ってもらい撮影。撮影後、データが届くまで秘密のメッセージにするのだとか!ドキドキしますね!

カジュアル前撮りエンゲージメントフォト14

面と向かって言えないけれど、いつも言いたい感謝の気持ちをボードのメッセージに込めて笑顔の新郎さん。黒板の角度や持ち方も、フォトグラファーがしっかりお伝えしていて、細かい気配りが嬉しいですね。

カジュアル前撮りエンゲージメントフォト15

新婦さんも同じくメッセージを書き書き!本当に楽しそう!

カジュアル前撮りエンゲージメントフォト16

これからのお二人の生活に期待を込めたメッセージ☆フォトグラファーのアイディアと粋な計らいでより思いで深い撮影になりました!

カジュアル前撮りエンゲージメントフォト17

ここで撮影終了!移動中などは、海の話題で盛り上がったので、ハワイのアロハのポーズで3ショットです!笑

そのほかの写真はこちらから♪ →「出来上がった写真も自然体な2人で満足です」結婚記念のカップルフォト

まとめ

今回の撮影では、フォトグラファー・長島さんの、立ち位置や小道具の持ち方を細かく指示・修正しながら撮影する姿が印象に残りました。また、どんな風に撮影しようか次々に迷うことなく提案をする様子も印象的でした。きっと、ロケハンなどの事前準備や豊富な撮影経験によって、写真の完成形がしっかり頭の中に入っていて、こう撮りたいという明確な意識があるんだなと思いました。

出来上がった写真も、新郎新婦の自然体を捉えつつ、まとまりある写真になっていて、セルフではなかかな撮れない素敵なものが並びました!こんなに素敵な写真なら、記念にもなり、結婚報告にも良さそうです♪

撮影中はフォトグラファーとご依頼者どちらも笑顔が絶えず、移動中にも3人の間でリズムのよい会話が聞こえ、全員がとても楽しそうでした。取材者の私も「こんな撮影してもらいたいな」と思ったほどです^^ 撮影自体が思い出になるんだなと感じました。

フォトグラファー

長島拓也

メッセージ:
ーーーこういった撮影は初めてだったのですが、きちんと説明があり不安なく進めることができました。
Takuyaさんの人柄とお気遣いのお陰で楽しく撮影も出来ました。出来上がった写真も自然体な2人が写っていて満足です。

ーーーリピーターです。今回もポートレート撮影ありがとうございました!
とても綺麗で可愛く撮れております!大満足しています!

ーーー待ち合わせ前にロケハンいただいたり、撮影中は終始笑顔がでるように心遣いいただいたりと、とても楽しく撮影させていただきました!
————————————————————————————————————————————————

あなたは、「誰かいいフォトグラファーいないかな?」と思い、僕のページにお越しになったでしょうか?
もしくは、たまたまスクロールしていて辿りつかれたでしょうか?


はじめまして、フォトグラファーの長島拓也です。



僕はこれまで、多くのお客様を大切に、お客様一人一人のご希望に沿った撮影を行ってきました。
家族撮影、カップル、お子さまの各行事、企業のPR撮影など、様々な分野の方と出会い、仕事をしてきました。


僕は決してまだまだフォトグラファーとしては未熟で、有名でもありません。
カメラ歴は5年と、フォトグラファー界では小さな存在です。

こんな小さな存在である僕が、これまでたくさんの撮影をしてこれたのは、僕に撮影依頼をしていただいたお客様が、
僕の写真を気に入ってくださり、笑顔になってくれたからです。


本当に感謝の気持ちしかありません。


ここからは、僕が考える「写真を撮り、それを残すことの大切さ」を少しお話しさせてください。


プロフォトグラファーに写真撮影をしてもらうというと、おそらく多くの方が

「緊張するな〜」
「うまく笑えるか分からない」

と思われるのではないでしょうか?

ただ、僕自身、「写真を撮る」ということ=お客様とタッグを組んで一緒に良いモノを作ると考えております。

それは、つまり、お客様とコミュニケーションをとる力です。

スマホで写真を撮影することが普通になって、プロに依頼しなくても、簡単にボタンを押せば写真が撮れる現実があります。
例えば、僕が撮影で神社を訪れた際、隣にいたご家族で、ママがお子さんを立たせ、スマホで「カシャカシャッ」と撮影していたことも多々ありました。

そんな便利で、簡単に写真が撮れる時代だからこそ、僕にしか撮ることのできない写真があると思っています。
お客様がどんな写真を撮って欲しいのか、その要望をしっかりとコミュニケーションを通じて聞き、それを形にするのが僕の仕事です。

僕に『写真』を教えてくださった上司や先輩方から、いつもこう言われて勉強していました。


「良い写真を撮る技術なんて持っていて当然。昔と違い良い性能を持ったカメラが安く買える時代に、持っているカメラで競っても仕方ない。

写真撮るということは、いかに目の前にいるお客様との距離を近づけられるかがポイント。それにはやはりコミュケーションしか方法がない。
お客様の素で笑ったその表情こそ美しいものであり、それを引き出させるのが、僕らフォトグラファーの仕事だよ」


僕が出会った先輩フォトグラファーさんは、笑顔でそういった人間として大切なことを教えてくれました。


一般的に出張フォトグラファーに撮影を依頼するとき、どこか不安になる気持ちがあると思います。

・撮影日しか会うことがないから、どんな人か分からない
・撮影途中に浮かんだアイディアをフォトグラファーさんに言っても大丈夫なのかな?

その気持ちすごいわかります。フォトグラファーが先導して撮影を行っていきますから、どうしても持っているアイディアを言いづらいですし、
プロフィールでは良い人そうに見えるけど、実際話してみないと分からないですよね。


僕は2015年〜2017年までオーストラリアに語学留学に行っておりました。
そこでまだ素人レベルだった僕を当時ウェディングを中心に写真、動画製作をしていた会社に直接出向き、

「ここでカメラのことすべて勉強させてください!無給でも構いません!」

こうお願いし、働かせていただいた経験があります。
そこでは0から丁寧に現場で実際にプロの仕事を見たり、聞いたり、感じたりしながらフォトグラファーとしてのスキルを磨きました。

今では本当にかけがえのない時間となっています。
その時間があったからこそ、今こうやってあなたに見つけてもらえたと思っています。

実際に僕に撮影依頼を頼んでみようかなと興味を持たれましたら、お気軽にご相談ください!
僕は常にお客様にとって身近で親しみやすい存在でありたいです。


よろしくお願いいたします。
プロフィール:
--------------------

12月度、月間人気フォトグラファー第2位獲得しました。
これも全てお客様のおかげであります。
毎日謙虚に、1つ1つの撮影に真正面から向き合っていきたいと思います。

ありがとうございます!

--------------------



-撮影機材-

<ボディ> NIKON(ニコン)D810
⇒本格的プロ用フルサイズモデルです。
 
     <レンズ> nikkor 24-70mm f2.8
     ⇒広い風景に溶け込むような写真から、背景をぼかした撮影までできます。

           nikkor 70-200mm f2.8
⇒カメラに不慣れなお子様の表情を、遠くから狙って撮影することもできます。

         nikkor 50mm f1.8 単焦点
  ⇒近い距離での、きっちりフォーカスの合った写真を撮ることができます。


-カメラ歴-

2014年〜 一眼レフを初めて購入、街歩きしながらスナップフォトをたくさん撮る

2015〜2017年 オーストラリアに語学留学した際、ウェディングフォト、ビデオの撮影制作に携わり、本格的に勉強開始
2018〜 日本に帰国後、フリーランスとして活動開始

これまでに
撮影した写真