【撮影同行レポートvol. 31】春のやわらかな陽差しの下で、桜とともに七五三の前撮り

桜_春の七五三前撮りサムネイル

今回密着したのは、数えで3歳の女の子とママさん親子の七五三前撮り。七五三といえば秋の紅葉と混雑する神社やお寺を思い浮かべる方も多いと思いますが、こちらの親子は七五三の撮影としてはオフシーズンである春の桜の時期の平日に撮影です。

七五三の本番である秋以外に撮影するメリットは、どんなものがあるでしょうか?また、そもそも七五三の出張撮影はどうやって進むのでしょうか?さっそく見てみましょう!

七五三は秋以外の撮影もオススメ

桜_春の七五三前撮り1

桜を背景にした着物姿の母娘の写真。親子水入らずの時間といった感じですね。

七五三の記念撮影は秋が本番ですが、秋以外にも、

  • お子さまの誕生月
  • 春の桜や花の季節
  • 春〜初夏の緑が綺麗な時期
  • ゴールデンウィーク/お盆/年末年始などの帰省時
  • 運動会や夏休みで日焼けする前
  • ご家族のお気に入りの季節
  • 普段は海外在住なので一時帰国のタイミング
  • といった時期にご依頼されるご家族も増えています。

    一般的な七五三とは違う背景での撮影もオススメです♪

    桜_春の七五三前撮り2

    秋の七五三シーズン本番のメリット

    • 七五三のご祈願をしている(シーズン以外では行なっていない神社・お寺もある)
    • 千歳飴が売っている(シーズン以外ではあまり見かけない)
    • すごしやすい気候で本来秋冬用に作られている七五三の着物を着やすい
    • 地域やその年の気候によるが、紅葉と一緒に撮影できる!

    秋の七五三シーズン本番のデメリット

  • 神社/お寺も、衣装のレンタルも、とにかく大混雑!!
  • 混雑のため、お参りや着付けの待ち時間が長くなる傾向...
  • お気に入りのフォトグラファーのスケジュールが埋まってしまっている...
  • 衣装レンタルや着付けがシーズン料金で割り増しになることも...

事前の下見をもとに撮影開始

桜_春の七五三前撮り3

フォトグラファーの藤原さんは、ご依頼者との待ち合わせ前に撮影場所の下見をしていました。待ち合わせ後、下見のときに見つけておいた、咲き始めた桜とご依頼者がどちらも綺麗に収まるベストなポジションにご依頼者を誘導。

「ここに立って、お子さんを抱っこしてください」

桜_春の七五三前撮り4

「ほら、桜が綺麗だねー」

徐々に、お子さんとの距離を詰めていきます。ちょっぴり緊張の表情ですが・・・

桜_春の七五三前撮り5

抱き上げられたお子さんとママは、見つめ合って思わず笑顔に♡

背景の桜と2人のピンクの着物がマッチして、素敵な写真になりました。

ドキドキのお参り風景

桜_春の七五三前撮り6

「じゃあ、お参りをしましょうか。」というフォトグラファーの声掛けで本殿に向かいます。

桜_春の七五三前撮り7

お参り前に手を清める何気ない場面もパチリ。

桜_春の七五三前撮り8

一つ上の写真では、桜は少し離れた場所にあるように見えますが、フォトグラファーのカメラテクニックで桜がぐっと引き寄せられて、見事な背景になっています。

桜_春の七五三前撮り9

オフシーズンの平日なので、並ばずにお参りできましたね。

桜_春の七五三前撮り10

お賽銭を入れます。お参りしているところなど、親子が揃った写真は、自分たちではなかなか撮影できない部分。出張撮影ならではの写真が撮影できました!

桜_春の七五三前撮り11

最初はぐずったり緊張したりしていたお子さんもカメラに慣れて、だんだんといつもの表情を見せてくれるようになりました。

トラブルがあってもフォロー

桜_春の七五三前撮り12

あ!転んでしまいましたが、

桜_春の七五三前撮り13

フォトグラファーがすかさずフォロー。

「転んで痛かったねー」「でも怪我ないね、大丈夫だね」「あ!見て見て、転んじゃったけど、おかげで下に木の枝がこんなに落ちているのを見つけられたよ!石もある!たくさんあるね!〇〇ちゃんも触ってみる?」と、うまく気をそらしました。

ちょっとびっくりしちゃったけど、怪我もありません。着物の裾は踏みやすいので注意が必要ですね。

気持ちが落ち着いたところで撮影続行。信頼関係ができているので大丈夫!

桜_春の七五三前撮り14

潤んだ瞳に、にっこり笑顔のとっても可愛い一枚。

桜_春の七五三前撮り15

その場で確認。可愛い写真の数々に、ママもお子さんも納得!ここで、撮影終了です。

まとめ

フォトグラファーの藤原和彦さんは優しくて段取りの良い丁寧な対応で、物腰柔らかな語り口に、お人柄の良さを感じました。

「子どもの撮影でしたが、様子に合わせて対応してくださり、助かりました。優しい雰囲気に、子どももリラックスして撮影できたと思います。写真もとっても素敵で気に入りました。」と、ご依頼者も和気あいあいとした空気の中で撮影を楽しんでいただけたようです。

近年は暖冬のせいで、11月の七五三シーズンでもイチョウやモミジがあまり色づいていなかったり、10月は着物を着るには暑過ぎる日もあったりします。

せっかく秋に七五三の撮影をしても、暑かったり紅葉が間に合わない場合があるのなら、混雑を避けて他の季節にゆっくり撮影するという選択肢も、なかなか良いかもしれません♪春にも秋にも撮影するというのも記念になって素敵ですね!

フォトグラファー

藤原和彦

メッセージ:
初めまして。カメラマンの藤原です。

生まれは東京都国分寺、育ちは国分寺と沖縄県の南西にある八重山諸島石垣島です。
沖縄ご出身の方との出会いが、当サイトの出張撮影でありましたら嬉しいです。
2児の父親として、保護者活動にも踏み込み、そのまま抜けられずに三年経ちます。
学校や地域のパパママさんと仲良く、時には真面目〜にボランティア活動もしています。
ですので、ご家族撮影を検討されるお客様には、どうか安心してご指名いただきたいというメリットと、
土日もその活動からご予約制限というデメリットがあり、カメラマンとしてどうなのかなと若干悩んでいる身です。。。
でも楽しいのでしばらくはいいかなと思っています。

カメラマンの活動ジャンルとしては、ブライダル兼フォトスタジオで約10年務めました。
お宮参りや百日記念等のキッズ撮影から、ご長寿祝いの撮影まで幅広く活動しましたので、
気付けばオールラウンダーになりつつあります。(広告写真やフードは未経験です。)

撮影機材は、2019年よりニコンから富士フィルムに切り替えました。ミラーレスの軽さがものすごくありがたいです。
レンズも単焦点のみで活動し、フットワーク良く実施することを心がけております。
特にメイドインチャイナのフルサイズ換算50mmレンズは大変味わいあるボケを作り出し、気に入っています。
パキッとした、いわゆる家族の幸せを一枚で表現するような切り取り方は少し苦手ですが、
お客様のご要望にはしっかり答えたいという意識もあります。

カメラマンは技術者でいいのではないかなと常々考えています。
お客様のご要望に寄り添い、自身の苦手な表現方法だとしても、事前に予習しご提供できる能力が最も重要だと考えています。
アーティスティックな、感性に頼るような部分は自ずと滲み出るはずだし、カメラマン自身から積極的にアプローチする必要はないのだと考えています。
大事なのは、お客様を笑顔で迎え、笑顔のまま帰宅される状態を作ることだと考えています。
そんな姿勢を大切にしています。


プロフィール:
【使用機材】
ボディ:Fujifilm X-T3/Fujifilm X-Pro2
レンズ:XF14mm/XF23mm/XF56mm/ZEISS Touit2.8 50M/SPEEDMASTER35mmF0.95Ⅱ
【スタジオ勤務歴】10年
【フリーフォトグラファー歴】3年
【撮影実績】ブライダル挙式・披露宴撮影/成人祝い記念/キッズフォト/企業撮影/還暦等各種記念