七五三撮影できるおすすめフォトグラファー・カメラマン

こんな写真を撮ります

定番の集合写真[七五三写真] 定番の集合写真[七五三写真]
洋装で紅葉を背景に[七五三写真] 洋装で紅葉を背景に[七五三写真]
桜の季節に前撮りも[七五三写真] 桜の季節に前撮りも[七五三写真]
双子ちゃんの撮影も[七五三写真] 双子ちゃんの撮影も[七五三写真]
何気ない仕草も[七五三写真] 何気ない仕草も[七五三写真]
お参りしている様子を[七五三写真] お参りしている様子を[七五三写真]

もっと見る

◆七五三って??


日本の伝統的な行事の一つで、
3歳、5歳、7歳にお子様の成長をお祝いをするものです。

男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳のときに行います。

もともとは、
3歳 = 初めて髪を伸ばし始める「髪置き」
5歳 = 人生で初めて袴を着て、男として社会の一員になる「袴着」
7歳 = それまでの子供用の付け紐を卒業し、大人と同じ帯を締める「帯解き」
の儀として、数え年でお祝いしていました。

現在では、数え年でも、満年齢でも良いとされ、満年齢でお祝いするのが一般的になっています。

本来は、11月15日に行うものですが、近年では、お祝いに参加されるご家族や親戚、幼稚園や学校などの都合に合わせ、前後の日程で10月、11月に神社などへお参りなどをする家庭が多いようです。また、10月11月はもちろん、その混み合う時期を避け、桜の季節やお盆の帰省時、お誕生日などに合わせて前撮り/後撮りするご家族も増えました。

3歳では慣れない下駄でおぼつかなかった足元が、7歳では自分でしっかり歩けるようになったりと、お子様の成長を感じる機会にもなります。

また、着物やブレザーなどでおめかしした時の表情も普段と違っていて、そこでも子供の成長を感じるものです。

お祝いの席や、お参りの際、家族のどなたかが写真係に徹して写っていないとなると、お子様が大きくなった時にガッカリするかもしれません。

せっかくのお祝いですから、記念写真の撮影はフォトグラファーに任せて、お祖父様、お祖母様など、親戚の方にも来ていただき、皆さんで写真に写ってはいかがでしょうか。

ご祈祷がある場合は、1枠50分では撮りきれない場合があります。フォトグラファーと相談の上、2枠予約をするようにお願いします。

669 のフォトグラファーが見つかりました。

これまでに撮影した写真

他にもこんなジャンルがあります